XIジャンボ
03年の10月13日に、パテ造形のネタ提供をエンジェルスターというイラストサイト(今はもう閉鎖してしまいました)で書き込みをしたところ、左図の画像の中のAQUIの作成依頼を管理人の『なりの』さんにされました。

僕は調子に乗って全部作る、と言ってしまい、初めて「平面からの立体化」をする事になりました。

この画像はエンジェルスターの管理人なりのさんによって描かれたのを出力した上でデジカメでを撮ったものです。

ちなみに、一番右の鉛筆書きは僕の落書きです。
できたのがこれです。

元絵がパステル調だったのに対して、かなり蛍光色になってしまいました。ですが、なんとなく雰囲気は出てるんじゃないかと思います。

それでは、それぞれについて解説はじめ。
まず、ディスプレイベースと収納を兼ねたサイコロです。

5mmのプラ板を4枚重ねて組み立てたものに、同じくプラ板で「目」を貼りつけました。
上図の反対側の面です。

こちら側はゲームでおなじみのタイトルロゴにしてみました。

元ネタがゲームのXI(今回はXI JUMBOというらしい)なのですが、当時僕はよくわからず資料集めに手間取りました。
サイコロの1の目の中心にポリキャップが仕込まれており、取り外してひっくり返すと、左図の三体の支えを備えたベースとなります。
今回の塗装も最終的にはMr.カラーを使っているのですが、アクリル絵の具はプラスチックに向いていないだとか、エナメル系を買ってしまったとか、白が足りなくなってエンジェルの顔が濃かったり、パステルとはほど遠いような色合いになったりなどと様々なトラブルがありました。

完成後、なりのさん本人が取りに来る予定だったのですが、待ち合わせまでに塗装が間に合わず、当日の5時から9時まで、明るくなっていくのを感じながら家の外に電気スタンドや机を出して作業をしたのが思い出深いです。寒かった、眠かった。
いちばん右の人は顔が描かれていなかったのでのっぺらぼうにしました。

4人の支え棒を含め、全人形ははサイコロの中に収納できるようになっています。

今回の総作業期間は10月13日から3月22まで、161日間!
まぁ、その間に受験や指切りもあったので仕方ないかと。
inserted by FC2 system