1/144HGBF改造
ビルドストライクガンダム
フルパッケージ Mk-Uカスタム
製作
あけましておめでとうございます。
2014年となりました。

新年一発目の更新は、ガンダムビルドファイターズの主人公機であるビルドストライクガンダム!

1/144HGでは、ビルドファイターズ、ビルドカスタムというシリーズで劇中同様のガンプラが商品化されています。

今回は、ビルドストライクガンダム フルパッケージとビルドブースターMk-Uをミキシングビルドして、ビルドカスタムGPベースを使ってディスプレイします。
まずはビルドストライクガンダム フルパッケージを作ります。下の青いランナーはほとんどビルドブースターのものです。

本体自体は特に工作せずサクサク組み立てます。ストライクガンダムを改造したという設定のビルドストライクですが、従来のHG SEEDシリーズではなく、新規設計されたHGCEシリーズのストライク準拠となっています。可動や合わせ目処理は最新の技術が使われており、ただ組むだけでも非常に出来の良いキットとなっています。
ザクアメイジングとの戦いで傷ついたビルドストライクの代替機であるビルドガンダムMk-UのバックパックにもなるビルドブースターMk-Uを組みます。

スタービルドストライクが華麗に登場したので、もうビルドガンダムMk-Uは登場しないんじゃないかと不安になってますが(笑)
左がビルドストライクのビルドブースター。
右がビルドガンダムMk-UのビルドブースターMk-U。

前者がストライクルージュのオオトリをベースにしてコンパクトにまとまっているのに対し、後者はギャプランを参考にして大ぶりなものとなっています。
今回のコンセプトは、ビルドストライクガンダムとビルドガンダムMk-Uという2体の主人公機を1つに凝縮してしまおう!です。

ビルドブースターMk-Uの後ろ半分をビルドブースターの後ろ部分に接合します。
スラスターユニットと本体の軸には突起が出てスペーサーとなっているので、削り取って、ビルドブースターのウイングと干渉しないように加工します。
干渉部分がなくなったので、接着します。

プラ板を貼ってディティールを整えて加工完了です。
ビルドブースターのウイングはマスキングして塗装しますが、本来のホワイトではなく、フリーダムと同様の濃いグレーにします。
ビルドガンダムMk-Uが腕部に装着するパーツは、ビルドストライクガンダムに装着できるよう加工します。
腕の追加パーツを外した部分にマーカーを塗ってハンコのように使うことで、干渉する部分が分かりやすくなります。その部分をカッターで削り、装着できるようにします。
腕に装着できました。

これに加えて、ビルドブースターMk-U側のジョイントアーム部分のパーツは、ビルドストライクの肩にフィットするようエポキシパテで、内部の形状を合わせます。
ビルドブースターのウイングや追加パーツは濃いグレーで塗装します。
ビルドストライクの膝や武装をホワイトで塗装します。

ビルドストライクの腕や膝は、その後ガイアカラーの蛍光ブルー(クリアー)で塗装します。
シールドはカラフルなので、塗装のしがいがあります。
GPベースはそのまま組み立てます。

見た目に反してシンプルなパーツ群。
ビルドストライクガンダム
完成。

イオリ・セイの製作したストライクガンダムベースの改造機。

第1話で初登場した時は何事かと驚きましたが、夢オチで、机の上には右腕が未完成な状態で置かれていました。
ガンダムビルドファイターズは、これまでのガンダム作品とは違い、ガンプラのアニメなので、ストーリーの展開もバトルの展開も自由度の高いエンターテイメント性のある明るいアニメです。

ビルドストライクは、ストライクガンダムをベースにしているものの、各部にフリーダムガンダムの意匠があったり、カラーリングがカラフルだったりと斬新なデザインとなっています。

ビルドファイターズのカスタム機は、胴体はベース機そのままの形状となっており、ビルドストライクも胴体はストライクと全く同じです。

腰部側面の装備がナイフであるアーマーシュナイダーを装備からビームサーベルに変更されています。

脚部もアンクルガードの細かいディティール以外はほぼそのままですが、膝のカラーリングがブルーに変わるだけで、印象が大きく変わりますね。
背面。

グレーのフレームが露出するストライクのデザインがより分かります。

従来のHG SEEDシリーズでは、胴体などのフレーム部分が白い部分と一体成型でしたが、新規のHGCEシリーズでは、HGながらほとんどの部分が色分けされるようになりました。

ストライクシリーズは背面にストライカーパックを換装することで戦闘スタイルを変更することができるという特徴があり、ビルドストライクも同様です。ただし、HGCE仕様ではストライカーパックの接続部分のポリキャップではなくなりました。ガシガシ可動させる部分ではないので、それでも問題はないのかも知れません。
「前に、出ろ!」

セイの高い工作技術と、レイジの操縦センスによって、ビルドストライクは本来の性能を発揮します。

「僕が作って、俺が戦う。」というキャッチコピーがその全てを表していますね。
ビームサーベルでサザキのギャンを撃破したシーン。ここから、2人の物語が始まりました。
武装。

ライフル3種にシールドが付属。
ビルドストライクのライフルの中心となるビームガン。
劇中では未登場ですが、出力は低いがエネルギー消費が低く連射が可能。


シールドは、プラ板積層により衝撃を緩和するチョバムシールド。突起部分や凹部分が気になりますが、スタービルドストライクのアブゾーブシールドへと発展するためのものです。
ビームガンにバレル、グリップなどを装着して標準的なビームライフル形態となります。

オレンジ部分の色指定はありませんが、オレンジの蛍光ルミノシートを貼ってみました。
強化ビームライフル。
白い部分が追加パーツとなっています。
MGでは、このライフルの換装が再現されるそうです。

可変出力が可能で、最大出力時にはハイパーメガランチャーのそれに匹敵します。
ビルドブースター Mk-T+U
ビルドブースターMk-T+U

ビルドストライクのビルドブースターとビルドガンダムMk-UのビルドブースターMk-Uを組み合わせたバックパック兼支援機です。
正面。

大型ビームキャノンとビルドブースターMk-Uのスラスター以外の部分は、上下の薄くスラッとしたシルエットとなっています。
背面。

大型のスラスターが2基増加しているので、機動性が少し下がるものの、推進力は大幅に増加している……という設定。
上面。

後方にボリュームアップしたので、より戦闘機らしいシルエットになったのではないでしょうか。
ウイング部分が可動するので、ブースター状態でもハイマットモードに。

全方向に何かしら飛び出している(笑)
機首部分アップ。

ガンプラなのでコックピットには誰も乗りません。

SEED HDリマスター版でオオトリが登場したタイミングで、オオトリをモチーフにしたという設定が、うまいなあと思いました。
接続部。

それらしくまとまっているのではないでしょうか。
フルパッケージ
ビルドブースターMk-T+Uとビルドストライクガンダムを合体させます。

本編では分離しているので、そっちのイメージが強いですが。
ブースター変形。

機首部分を折りたたみ、大型ビームキャノンとスラスターの位置を調整します。
合体。

ビルドストライクガンダム フルパッケージ!
頭部アップ。

側面のバルカン部分は、バルカン自体はグレーでカバーはホワイトなのですが、勢いで全部グレーにしてしまいました。
ブラックライト発光。

蛍光ブルーを塗装したシールをセンサーに、蛍光ルミノシートをツインアイに貼りました。
GAT-X105B/FP
ビルドストライクガンダム フルパッケージ

出力が160%以上向上するという設定。

ウイング部分は自在に可動するので、このようにエールストライカーのようにすることができます。
横から。

大型のスラスターが2基増加しているので、もともと後ろ気味な重心がさらに後ろに行っています。
背面。

高機動がウリなのに重そう。
SEED OP風のライフル構え。
強化ビームライフル装備。

隠れて見えてないですが、フォアグリップで支持して両手持ちをしています。
ブラックライト発光。

強化ビームライフルにも蛍光ルミノシートを貼って発光させています。
大型ビームキャノンは、グリップを引き出して構えることができます。

フリーダムのレールガンや、ランチャーストライクを彷彿とさせる装備。
ブラックライト発光。

砲口にも蛍光ルミノシートを貼っています。

肩の部分は、ゴールドで塗装した上から、蛍光イエロー(クリア―)を吹きつけてあります。
ビームサーベル装備。

ザクアメイジングとの一騎打ちでは、とにかくお互いにダメージを与え続ける、息をのむ戦いが印象的でした。
ブラックライト発光。

ビームサーベルはX魔王と同じ時期に塗装しているので、ピンク色に発光します。
ウイングは畳んでおくことができます。

発進前、という感じですね。
Mk-Uカスタム
ビルドブースターMk-Uの装備を使用して、おはへーオリジナルのMk-Uカスタム形態へ。

腕部のパーツを外します。
肩と腕部に追加パーツを装備。

肩のパーツには追加ブースターということにしてみました。

なお、接続は、どちらも両面テープです。
模型的にはあまり好まれない方法ですが、別にいいじゃない!と思っています。
ビルドガンダムMk-U専用のビームライフルMk-Uを2丁装備。

銃身部分がかなり長い造型となっています。
腕部に追加されたラッチパーツにムーバブルシールドバインダーを装備。

シールドとして使用することができます。
ムーバブルシールドバインダーにビームライフルMk-Uを装着して、ビルドストライクガンダム フルパッケージMk-Uカスタムが完成!

2体の主人公機の要素をニコイチにした、おはへーオリジナル形態です。

肩と腕からパーツが突出しているので、より攻撃的なシルエットとなっています。
横から。

SEED系MSの例に違わず背負い物が重そう。
背面。

フリーダムよろしく青い翼が印象的。
ビルドブースターの機動力で敵機の懐に飛び込み、両腕に装備した2丁のビームライフルMk-Uでビームを連射!

という設定……。
ブラックライト発光。

最近は、蛍光部分だけを発光させるだけではなく、本体も少し光るよう調整しています。
強化ビームライフルと大型ビームキャノンを構えて。

さすがにゴテゴテしすぎか。
ブラックライト発光。

腕部にオレンジが散らばっている感じに。
GPベースと一緒に。

ガンダムビルドファイターズは自由に作っていいんだよ!と全面的にアピールしているので、自分で考えたことを形にすることをますます楽しくさせてくれるような作品です。
ブラックライト発光。

グリーン、レッド、ブルーとカラフルに発光しています。
ビルドブースターの接続ピンはHG用の丸ピンとRG用の平ピンが備えられているので、RGストライクガンダムにビルドブースターを装備することもできます。

RGストライクとHGビルドストライクの並び立ちで、おしまい。

本年もブラックライトで楽しんでいきたいと思います。
ちまちまと更新していきますが、よろしくお願いします。
inserted by FC2 system